のれん分け制度

白虎グループでは平成26年4月より「のれん分け」制度を展開いたします。

私たち白虎グループはラーメン食文化が今以上に繁栄することを願い、白虎グループが長年培ったすべてのラーメン技術・経営術・教育ノウハウを基に、「新たにラーメン店を開業したい方」や「今ある既存店をよりもっと繁盛させたい方」たちを全面的に支援します。
「やる気のある方」、「ラーメンが好きな方」であれば未経験者の方でも丁寧に指導いたしますのでご安心ください。

白虎グループの「のれん分け」制度では、白虎本店にて基礎研修、営業、そしてラーメン技術を経験し、最後に経営術を学んでいただきます。その後に新規店舗で「屋号、技術、味」を受け継ぐ形で「のれん分け」して完全に独立していただきます。いわゆる“社長”になっていただきます。

のれん分け後も白虎グループの加盟店として、スーパーバイザーによる支援や広告支援等のバックアップをさせていただきますので、面倒なバックオフィス業務に頭を悩ませることはございません。
また、白虎グループが長年の経営業務で培った経営術を惜しむことなくお教えいたしますので、早い時期から安定した経営を行えます。
そして、“社長”となっていただくことで店長時代とは違った視点、手腕、器を育むことによって、人間的により大きく成長していただけます。

白虎グループは“人”を何よりも第一に考え、志の高い方達と一緒に成長したいと願っております。

noren_flow